アニメーション制作の現在と未来

  1. アニメーション制作の現在と未来
  2. コストとクオリティ

コストとクオリティ

スマートフォンやタブレットの普及に伴い、スマホゲームの人気は今後も高まる一方だといっても過言ではありません。
配信企業にとってだけでなく、制作企業にとっても、いまこそが「稼ぎ時」だといえるのではないでしょうか。
ですが、人手不足が深刻な業界にあっては、まず人件費に多くを割かなければならず、なかなかコスト削減が実現しない、必要経費が大きすぎると感じている部分もあるでしょう。
制作企業であるからには、クオリティの高い作品を配信企業に提供するべきですし、自社のコストについてはできるだけ軽減できるよう心がけるべきです。
ですが、コストの削減とクオリティとを両立させようと考えると、なかなか成り立つ案は出てこないものです。

人件費や制作時間を削ると、クオリティがどうしても低くなるからです。
それらを両立させようとすると、スタッフに無理を強いることにもなりかねず、その場合は離職にもつながりかねないので、制作スタッフ不足に悩んでいる企業としては避けなければならないでしょう。
では、どうすれば両者を成り立たせることができるのかというと、2Dアニメーション用のソフトウェアである「スパイン」を導入するなど、最先端のソフトウェアを積極的に導入することです。
「スパイン」は、制作の時間を短縮してくれるだけでなく、コストの削減にも繋がることから、企業にとってメリットのあるソフトウェアです。
そうした自社にメリットをもたらしてくれるものを敏感に察知することは、企業としてとても大切なことです。

「エーステクノロジー」などは、早くからこうしたソフトウェアを導入しているだけでなく、クオリティ向上のため積極的に新しいシステムの導入を図っていることから、配信企業のパートナーとしてお勧めすることができる企業のひとつだと言うことができます。
最新の技術の導入は、長い目で見れば必ずコストの削減につながるので、その判断を早期に行うことが大切なのです。